関西の春の食卓には、やっぱりこれがないとね

今日、スーパーに行ったら、うすいえんどうが見切り品で売られていた。
100グラム49円。
うすいえんどう大好きだから、私は即カゴに入れた。

うすいえんどうと言えば関西の春の食卓には欠かせない食材。
これで作る豆ご飯は最高に美味しい。
関東の豆ご飯に使われる豆はグリーンピースがほとんどで、あの青臭さで苦手な人も多い。
一方で関西の豆ご飯は、このうすいえんどうを使う。
ホクホクした食感と青臭さのほとんどない香り、そして優しい甘みが本当に美味しい。
この豆ご飯ならいくらでも食べられる。
炭水化物抜きダイエットなんて知ったことか!

買ってきたうすいえんどうで早速豆ご飯を使った。
鞘を開いて、中の豆を取り出す。
取り出した豆は、すぐに水の中に浸けておく。
空気に触れていると豆が硬くなってしまうから。
研いだお米を普通の水加減で炊飯器にセットして、水をよく切った豆を入れて、炊飯すれば完成!
もしあれば、昆布を一緒に入れて炊くと旨味がアップしてさらに良し。
緑の彩りがきれいで、とても春らしいご飯が簡単にできる。
見切り品になるなんてもったいない!キレイモ カウンセリング 流れ