沖縄に行くかどうにか考えてしまった今時節

日常から救済されようと、沖縄に今時季は思い切って行こうかと考えた時分があります。
しかし、しばしば考えてみると今年はかつてないほどの猛暑だという事で、それなのにわざと暑いところに行く不要なあと感じて屈伏しました。翌年以後や気持ちいい時季にはまた研究をしてみたいとは思っています。
沖縄の夏場と言えばともかく海だ。海水浴をして楽しみたいものですが、郷里出身の手法に聞いたところスイムウェアで混じるのはツーリストだけで、地元の人たちは一丸短パンと上着など素肌がやけどとめる正解をとってあるそうです。それ程日差しが強いという点なのでしょう。ラフファッション、海水浴もサーフィンもしないし注意もないのでわざと夏にいく必要はないかなあ、ともその話を聞いて思いました。
沖縄というのは独特な因習がたくさんあって、その中でも驚いたのが深夜に大きなステーキを食べるという慣行だ。シメのステーキといった趣向でしょうか、お爺さんも普通に採り入れるらしくいつかホンマか確かめてみたいです。